鶏肉のブラウンシチュウ  記事アップしました。魚介のクリームピラフ  記事アップしました。

2015年02月15日

バレンタインのガナッシュケーキ




きのうのバレンタイン。

毎年恒例のチョコレートケーキ。

夫一人と息子が二人・・・だからいつもケーキになることが多いな〜。

ガトーショコラにしてみたり、

パリブレストにしてみたり、

フォンダンショコラにしてみたり…。







いろいろ作ってみたけれど、

でも、なんとなく、ガナッシュケーキだとまちがいなくおいしい笑顔になるから、

ここ数年はバレンタインは

このケーキが恒例になりました。




1424005161321




きのうは夕飯のあとにいただきましたが、

今日は明るい時間の家族でのティータイム。




春からは、

息子たちが二人揃って社会人になる予定。

だから、

こういうひとときは、

なんだかすごーく大切な時間に思えます。








kanakokitchen at 15:49│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by Chizumi   2015年02月16日 22:07
カナコ先生、お久しぶりです〜。
お元気にてご活躍の事と思います(^^)。息子さんたち この春から社会人になられるそうですが、子供たちの成長もアッと言う間の出来事ですよね。うちの息子は仕事の関係でカナダ住まいになって既に数年が過ぎ、ヨーロッパへは出張でしばしば来る様ですが、実際 私たちに会いに来るのは年に1-2回程度ですよ。大人になると生活自体が別個になりがちですが、息子さんたちがお家にいる間 一緒の時間を楽しまれます様に。(^^)

さて、私の牛乳に関する実験ですが、昨年末以来 チョッと変わった製品を試しています。その会社の宣伝によると、牛の種類によって牛乳に含まれるタンパク質の種類が違うようです。
ヨーロッパで一般的に売られる牛乳はA1 と言う種類に属すらしく、ニュージーランドで発見されたA2 と言う乳牛とその牛乳は、私の様な乳製品アレルギーの人でも支障なく利用出来るのです。半信半疑でラクトースフリーの牛乳からA2に代えてみましたが、私にはこのA2の方が合っている様です。乳糖の問題も確かに考慮に入れるべきですが、乳製品と大腸の問題は、ある面では タンパク質をどの様に消化するかと言う基本的な点を見直す必要があるのかもしれません。余談ですが、私がかかっている歯医者(スウェーデン人) の先生の話によると、食生活とその文化の違いは予想以上に深刻で、いくら食生活が西欧化されても 人種的遺伝は避けられない、と言う意見です。私にとっては実感できるコメントでした。

この話もまた改めてメールしますね。
ではでは。
2. Posted by CHIZUMIさま   2015年03月07日 17:38
こんにちは。お久しぶりです〜!

そうなんです。
たぶん息子たちは一回家を出てしまえば、そう簡単には帰らないかな〜と思って、精いっぱい母ちゃんしています。

息子たちもそれをわかっているのか、私のことを思ってか、すごーく優しいです。一緒の時間は笑い声がいっぱいで、しっかり味わって楽しんでいます。

たんぱく質の違い・・・、興味ありますね〜。人種的な遺伝が避けられないというのも、すごくうなずけるところです。なんだかすっと入ってきます。日本人の高齢化社会は栄養と医学の発展が大きいと思いますが、あまりにもいろんなものを受け入れて食べ過ぎて心配なところです。

コメントの返事遅くなってごめんなさいね。
3. Posted by Chizumi   2015年03月16日 06:51
カナコ先生、お返事ありがとうございました。3月も半ばを迎えたものの、こちらでは 突然冬に逆戻りしたような毎日です。4月に向かって カナコ先生はご家庭内でもいろいろな用事にお忙しい事でしょう。

前回お伝えした a2milk、ホームページをお知らせしますね。タンパク質にも数種類あるとは、驚きでした。おかげさまで私の胃腸の具合も快調です(^^)。インフォーマルなスタイルでこの製品を紹介しているので、チョッとサイトを覗いてみてください。a2milk.co.uk です。
イースターのミニ休暇中にまたメールしますね。ではでは(^^)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鶏肉のブラウンシチュウ  記事アップしました。魚介のクリームピラフ  記事アップしました。