3月のマルシェにむけて炊飯器で本格!ジャンバラヤ 記事アップしました。

2013年03月12日

きのうの3.11に思うこと   被災地より




きのうの3.11に思うこと

被災地からのお便りです。









2年目が終わったって今感じてます 。

11日の午後から風が荒れ狂い、

夜に成ってもおさままらず怖かった・・・。

 10年前まで一緒に暮らした曾祖母の口癖は

「 風と客は晩とまる」だったのを思い出して過信してたけど

 風は夜にまたまた吹き荒れてね。





 未だに家族の元に帰れない方がたの

悔しさや無念さが風となり 渦巻いてると感じました。

 自分はもっと

何かしら残された家族の方がたにも出来たはずだと

 振り返える時間を貰えた昨日。







 毎年一緒に

八重桜の塩漬けを作った姉のような友も

津波にのまれた。






時々家から海に向かって

「 早く帰ってー」と叫んで

忘れてないんだからねと

彼女と交信する 。







もし 、

夜道に 亡くなった部落の幼子や、

お婆ちゃん 父さんやらが連なって歩いて来て、

苦しかった別れの様を語ってくれたら、

どんなに私もすっきりするのかと、

夜道を歩く度に思うのです。






 前向きに考えて時間をこなさなければと思うけど、

辛い2年目でした。





支援してくれて、

いっしょに乗り切ろうよと

手と手(te-to-te)を差し出してくれて

いっしょに歩いてくれて有難う。

本当に有難う。


















kanakokitchen at 22:37│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
3月のマルシェにむけて炊飯器で本格!ジャンバラヤ 記事アップしました。