被災地よりお便りが届きました。







こやどり



今朝の浜は穏やかで一枚の板のようです。

 春色の甘い風や土の香りがします。


若布の間引き作業も終わり

来月中旬までに長さ二メートル程におがし(成長させて)

生出荷か塩蔵若布となります。



 雪融けの水や落葉などが 海水に溶けて

ミネラル豊富な若布となります。

 裏山ではばっけ(ふきのとう)が

落葉を布団に春を待ち焦がれ待機してます。