お料理するのは好きですか?Kanako's Kitchen

私は小さい時、好き嫌いがいっぱいあったのですが、
お料理を覚えてから、『食べることってこんなに楽しい!』
と思うようになりました。手料理って幸せな味だと思います。

2012年08月

下ごしらえ!!!!!



猛暑だけど・・・

CIMG1662


明日は撮影。

1日下ごしらえがんばりました。




ヒンヤリ優しい  かぼちゃのポタージュ記事アップしました。




@BEAUTIST記事アップしました。

ヒンヤリ優しい かぼちゃのポタージュ
↑クリックしてください。レシピのページの飛びます。


CIMG1656


かぼちゃのスープ大好き!!

温かくても冷たくてもいいけど

今の時期は午前中に作っておいて

夜まで冷たくしておくと

なんか得した感じ



たくさん作って朝飲むのもグット



暑くて眠れなくてだるい朝も

これをぐぐっと飲んでエネルギーチャージ




ベリーベリーコンフィチュール



庭のブルーベリーが

毎日手のひら1つ分くらい収穫できる。

朝は生でヨーグルトに入れていたけど、

ちょっと飽きてきたので

CIMG1660

冷凍してとっておいたラズベリーとブラックベリーといっしょに

コンフィチュールにしました



ラズベリーとブラックベリーのきゅっとくる酸っぱさが

いいんだよお〜〜〜

バニラアイスにかけて最高〜



今度はチーズケーキにかけてみよう




山田町でさをり織り体験




交流会を終えて

帰りの時間まで阿部さんがみんなに見せたかったものは

復興のきっかけにしたい「さをり織り」


CIMG1649


仮設住宅の一角にある集会所で

さをり織りの練習をしたり、作品を作ったりしています。

そこに行って私たちもちょっと織らせてもらいました。




材料の問題、新しいデザインをどうするか、

やりたいこと・やらなければいけないこと

たくさんあります。




これからなんだよね。これまでは1年4ヶ月必死で来たけど

これからどうしていくかなんだよね。

阿部さんは言いました。




わたしたちが何をしていけばいいのか

ここに来ることで顔の見える関係を作れたから、

ほんとうに必要な支援が何なのか

ちゃんと話しながら、すこしづつできることで

やって行きたいと思いました。








山田町で交流会




私たちが用意して行ったのは

みんなで触れ合える「ハンドマッサージ」


手指・腕にあるツボを押さえながらリンパの流れをよくします。

Tさんの指導の元、岩手に行く前にみんなで練習していきました。



交流会の31日は、若いお母さんたちも呼んでいましたが、

この季節は「ウニの口開け」と言って

ウニ漁の時期で、浜に行く方も多く、

人数が少なくなりましたので、

調理班とマッサージ班に分かれました。




CIMG1641

その日のメニューは

山田町で捕れるイカを使ったメニュー。

スペインの浜料理のパエリアとサラダを簡単に作れるレシピにして。

朝取れたイカも細作りにしてご馳走になりました。


CIMG1644


震災後 新しく出来た「漁村センター」は

さっぱりときれいで 何かと言っては

みんなで集まれる場所になっているようです。




絵本の読み聞かせや

盆踊りも飛び出して、和やかな交流会になりました。








3・11 津波   



ちょっと表現がきついかもしれないので

ここは「自分がちょっと弱ってる」と思う人は読まないでね。





「津波って来る時にどう見えると思う?」

と阿部さんがみんなに聞きました。

私たちはテレビでニュースなどを見て知っている限りの表現をしようとしましたが、

阿部さんはさえぎるように

波は遠くから、すべてのものを破壊しながら来るので

真っ黒の土煙のように見えると言いました。




そして、

「あっと思った時にはもうそこまで来てるんだよ。」と言いました。

「逃げろって言われると、なんでだか車に乗っちゃうんだよね。」

そこで阿部さんは車ごと波に持ち上げられました。

自分の家の周りをぷかぷかと浮かびながら

「怖いと言うより、死ぬのかな〜、とぼーっと思うんだけど・・・、

でも車って80パーセント水が入っても浮くんだよね。」



波は来る時はドン!と来てザッと返る。

すべてのものを破壊したら、瞬間で持ち去ってしまう。





そして、「波って先のほうはどうなっていると思う?」

と聞きました。

黙っていると、

「波は先のほうは巻いているんだよね。

だから、人が巻き込まれると身ぐるみはがされちゃう。

大抵のなくなった人は丸裸なんだよね。」




洋服がないと身体はすぐに傷がつき、

そこから傷みがすすむともうだれがだれだかすぐにわからなくなってしまう。






それでもやっぱりそこに住んでいる人たちは

元の場所に戻りたいし住んでいたいと思うんだろう。

今も急に泣けてくる時があると言いながら、

でも阿部さんのお庭には

立派な茄子やセロリー、葱、花たちが元気に育っています。

CIMG1638







30日は




31日朝早くに、阿部さんから山田町を案内してもらいましたが

本当は30日 宿泊先の光山温泉の「岳泉荘」に着いたらすぐに

阿部さんは暗くなった山田町を体験させたいようでした。




でも不案内の土地で道もわからず、

しかも、街灯もほとんどないので真っ暗闇。

夜ってこんなに暗かったんだ〜〜〜

というところでは、レンタカーにナビがあるとは言っても

とても待ち合わせ場所に行く勇気はなく

着いた晩は温泉を楽しむことに。




しか〜〜〜し

予想外に暑かったそして温泉も熱かった

1週間ほど前にも

「7月末といっても夜は冷えるから長袖を持ってきてね。」

と言われ、結構悩みつつ準備をしていましたが、

さすがにニュースで「東北も梅雨明け」と聞いて

直前には用意した衣類を総とっかえ・・・・。

それにしても暑い・・・・・。




しかも

ほんとうに普段は涼しいところらしく、

エアコンがない・・・・・

旅館中の扇風機を廊下もお風呂場ももちろんお部屋も

ぶ〜んぶん回してくれましたが・・・・・・歯が立たないくらい暑い





でも心のこもった夕食で

CIMG1632

次の日の英気を養いました。






岩手の山田町



私たちが訪ねた岩手県山田町は

盛岡から南下し、宮古からさらに入ったところの

細かく入り組んだリアス式海岸にあります。




2月に知り合った阿部秋子さんは多々羅山のふもとの

小谷鳥というところに家があって

1階部分を津波で流されました。






阿部さんはわたしたちに伝えたいことが山ほどあって

31日午前中の交流会の前にみんなを案内すると言って

朝7時40分に山田町の道の駅で待ち合わせしました。



阿部さんの家のトラックでがたがた揺られながら

山田町周辺を案内してもらいました。




CIMG1633

かすんでいますが向こう側に広がるのは海。

震災以前は手前に林や田んぼがあり、

海は「遠く」に見えたんだそうです。

でも津波は林をなぎ倒し田んぼをえぐり、この道をさかのぼってきて

反対側の阿部さんの家に達しました。

今、すぐ前に海がこんなに近かったんだなーと何もなくなって思うそうです。





やまだの道の駅の近くにはかつて船越公園と言う大きな公園があり

近くの山1つが大きな憩いの広場となっていて

キャンプ場や花畑がありましたが

そこは今はガレキ置き場になっています。

ガレキの山は高さ10メートルもあったそうですが

今、やっと少し減ってきて、でも高さ2メートルくらいあります。

ガレキは塩をかぶっているのでさびが出てまっ茶色の山のように見えます。






キャンプ場や遊びの広場だったところには

仮設住宅の小さな集まりがいくつもあります。

山田湾と船越湾が津波でぶつかり合った大浦地区では

2/3ほどの家が流されたそうです。



その日 船越湾では漁に使う網を修理中でした。

網1つ買うにもけっこうな金額になるそうですが

国から補助金が出ると言っても

例えば100万円の網を買うとしたら

やっぱり30万くらいは出さないと補助も出してもらえないそうで

ないところからはそれも厳しいので

助かった網を修理するとかしかないと言っていました。




何が必要ですか・・と訪ねると

「物はだめだよ〜。可奈子さん、いかに物に縛られて生きてるか・・・。」






えげつない話かもしれないけどやっぱりお金は必要なんだよね・・・

そして、気持ちなんだよね。

と阿部さんは言っていました。







岩手から帰ってきました。



7月30日に柏を出発して

新幹線・レンタカー



岩手の山田町に行ってきました。




柏の葉te-to-teクラブは震災後

自分たちの出来ることで被災地を支え続けたいという想いからできた

柏の葉キャンパス駅の「まちのクラブ活動」です。

これまで、ワークショップをして義援金を募り

被災地に送ったり、

手作りのものを送ったりしていましたが、

岩手の阿部さんと知り合って、やっとこ実現した被災地訪問です。





お土産のクッキーを焼いたり、

岩手の交流会で行う「ハンドマッサージ」をみんなで練習したり

チラシを用意したり、

なによりも、一緒に行く仲間が手を上げてくれたので

実現できました。

これから岩手での様子を順々にアップしていきます。








すっきり!!はぐらうりと鶏肉の冷やし鉢



@BEAUTIST記事アップしました。

すっきり!!!はぐらうりと鶏肉の冷やし鉢
↑クリックしてください。レシピのページに飛びます。


CIMG1608
 
毎年、夏になるとなんだかむくむ〜〜〜

冷房の効いた部屋(28度にしてるけど)から暑い外に出て汗だく・・・。

水分とってまた冷えた部屋へ・・・・。




体がついていけなくなると、

たちまち代謝が悪くなって、あれ?顔も足もむくんでる〜〜〜




うりはそんな時に水分の代謝を良くしてくれます。


冬瓜やきゅうりでも作れます。

鶏肉の替わりにえびでも。

すーっと口に優しい煮物です。





最新コメント





公認@BEAUTIST


QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 本の重版のお知らせ
  • 体を温めて冬美人
  • ライブドアブログ