2008年02月14日

ヨーグルトシャーベット

混ぜて凍らせるだけ。
でも、おいしいよ。

材料

ヨーグルト            2c
生クリーム            1c
牛乳               100cc 
砂糖               50グラム
レモン汁             好み

作り方

  1. ヨーグルトに、砂糖を加えて、よく混ぜる。
    生クリームを加えて、混ぜる。
  2. このままだと、かたいシャーベットになってしまうので、牛乳を加えて、混ぜる。
  3. 味を見て、好みでレモン汁を加える。
    リキュールを加えても良い。
  4. そのまま凍らせる。
  5. そのまま凍らせて、食べる時に崩しながら盛り付けると、グラニテ風。
    凍らせている途中で、何度か空気を含ませるようにかき混ぜると、ふんわりしたシャーベットになる。

ジュースを入れたり、フルーツを加えたり、変化させてもおいしいよ。
 

レシピブログ


洋ナシのババロアケーキ

きらきらゼリーでフルーツを閉じ込めました。洋なしのババロアがベースです。
スポンジは市販のもので簡単にできます。

材料

洋ナシの缶詰        1缶
牛乳             100cc
卵黄              3個分
砂糖             50グラム
ゼラチン            15グラム
生クリーム           1c
レモン汁           大さじ3
キルシュワッサー 大さじ2

市販のスポンジ       1/2枚
シロップ            30cc
   
レモン汁            大さじ1 
キルシュワッサー       大さじ1
ゼラチン             5グラム
水(果物缶の汁)       100cc
砂糖              大さじ2
 
果物缶・生の果物・ミントなど

作り方

  1. ケーキ型に、ラップを敷きます。
    本当は、セルクルという道具があるんだけど、持っている人は、少ないと思うので、普通のケーキ型で説明しますね。
    ラップの上に、スポンジケーキの厚みを半分にしたものを敷きます。
    これから重ねるババロアとなじみがいいように、シロップを全体に染み込ませます。
    なーに、シロップをいちいち作ることありません。
    アイスコーヒーに入れるポーションシロップが、ちょうどいいです。
    大人向けには、キルシュワッサーを加えて。
  2. 洋ナシのババロアを作ります。
    飾りに使う2切れくらい残して、ジュースごとピューレにします。
    これで300ccにします。
  3. ゼラチンは60ccの水でふやかしておきます。
    卵黄に砂糖を加えて、白っぽくなるまで泡だて器ですり合わせます。
  4. 牛乳に、砂糖を入れて沸騰直前まで温め、卵黄の入ったボールに、少しづつ加えて、よく混ぜます。
    もう1度鍋にかえし、弱火で1分くらいかき混ぜ、火を止めてゼラチンを加え余熱で溶かします。
  5. 洋ナシのピューレを入れて、よく混ぜます。
    そのまま、あら熱を取ってキルシュワッサーとレモン汁で、好みの加減にします。
    少しとろんとするまで冷やします。
  6. 生クリームを乳液くらいになるまで泡立てます。
    4と同じくらいのとろみになったら、合せます。
  7. スポンジの上に流し固めます。
  8. 固まったら、果物の缶詰や、フレッシュな果物で飾りましょう。
    写真の果物は、洋ナシ缶・ミカン缶・パイナップル缶。それと、フレッシュのブルーベリーとさくらんぼです。
    南国産のフルーツは、ゼラチンが固まらないことがあるので、注意してね。
  9. 水に砂糖・レモン汁・キルシュを加えてゼリー液を作ります。
    少しとろみがつくまで冷やし、果物の上からかけて、冷やし固めます。
    半日くらい置いたほうが、しっとりと全体がなじんで美味しいと思います。
     
レシピブログ


抹茶ムース白玉のっけ

むちむち白玉と、ふるるん抹茶ムースのデザート。
アジアンカフェみたいでしょ。

材料

白玉粉             90グラム
水                50cc
砂糖               大さじ             
茹で小豆缶          適宜
生クリーム           100cc
砂糖               大さじ1

抹茶               大さじ2 
牛乳               100cc
砂糖               60グラム
ゼラチン             10グラム
生クリーム             1c  

作り方

  1. 白玉粉に砂糖を加え、水を加えて、手でよくこねる。
    なめらかになって、耳たぶくらいの堅さがちょうどいい。
    丸めて、沸騰したお湯で茹でる。
    浮き上がったら、さらに1分くらい茹でて、水にとる。
  2. 生クリームに砂糖を加えて、あわ立てる。
    ホイッパーを持ち上げて、やっと角が立つくらいにする。
  3. ゼラチンは、3倍量の水にといておく。
  4. 牛乳を温め、砂糖を煮とかす。
    沸騰させないで火を止め、余熱でゼラチンを溶かす。
    抹茶を大さじ1強の熱湯で溶いて、牛乳に加える。
    1度、茶漉しのようなもので漉すと、なめらかになる。
    鍋の下を冷水につけてあら熱を取り、さらに冷やして、すこしとろみがつくまで冷やす。
  5. 生クリームを乳液くらいにあわ立てて、4と同じくらいのとろみになったところで、合わせる。
  6. 器に流して冷やし固め、上に、あんこ・白玉・生クリームをトッピング。
  7. あれば、ミントを飾る。白玉は、半日で堅くなるので、早めに食べてね。
    抹茶ムースは、3日くらい平気です。
     
レシピブログ


バナナケーキ

 

ケーキ型がなくっても混ぜ混ぜして
天板に流して焼けちゃう簡単ケーキ!
あたたくても冷めても、おいしいケーキ。

材料

バター             100グラム
砂糖              100グラム 
卵                  3個
バナナ               2本
ベーキングパウダー     小さじ1/2 
チョコチップ            大さじ3
ラム酒               大さじ1
小麦粉            100グラム

作り方

  1. バナナは、フォークの背で、つぶしておく。
    色止めのため、レモン汁少々振りかけておく。
    (記載外)好みで、ラム酒を絡めておく。
    (小さなお子さんがいるときは、省いてください。)
  2. 小麦粉とベーキングパウダーはいっしょに振るっておく。
  3. バターを室温で柔らかくして、クリーム状に練って砂糖を加え、白っぽくふんわりするまで、ホイップする。
  4. つぶしたバナナを加えて、よく混ぜわりほぐした卵を1個づつ加え、その都度、よく混ぜる。
    ふるった粉を加える。
    へらで、粉が見えなくなるまで、手早く切るように混ぜる。
  5. チョコチップを加えて、さっと混ぜ、天板に、クッキングシートをしいて流し込み、170度に熱しておいたオーブンに入れて20分焼く。
    あら熱が取れたら、切り分ける。

輪切りのバナナを埋め込んで焼いてもおいしい。
焼いている時のバナナのいい香りが、とってもいい感じ。
おしゃれするなら、ぽってりあわ立てた生クリームを添えて・・・。
あつあつケーキに、バニラアイスをそえてもおいしいよ。
 

レシピブログ


アールグレイのしっとりケーキ

あまりに簡単で、ごめんなさい。
市販のケーキを利用して作るデザートです。
冷たく冷やしてどうぞ。

材料

市販のカステラ          1切れ
濃くいれたアールグレイ     大さじ3
ラム酒                 少々
生クリーム              20cc
砂糖                 小さじ1
ミントの葉               適宜
ミモザの砂糖漬け          適宜

作り方

  1. アールグレイを濃いめにいれて冷ます。
    ラム酒を加える。
  2. カステラに、たっぷりと染み込ませる。
  3. 生クリームをとろりと流れる6分立てにして、全体を覆うようにかける。
  4. 冷蔵庫で冷たく冷やして、飾りをのせてどうぞ。

小さな子供には、紅茶とお酒の代わりにりんごジュースやレモンジュースを染み込ませて。
季節のフルーツを飾っても・・。 



レーズンスコーン

サクっとしたスコーンを作るには、
折りたたむようにすること。
練ってしまうと固くなります。

材料

小麦粉           200グラム
牛乳             大さじ3
ベーキングパウダー   小さじ2
レーズン           1/2c
バター            70グラム
グラニュー糖         適宜
卵                1個

作り方

  1. 小麦粉とベーキングパウターはあわせて振るっておく。
  2. バターを7ミリ角くらいに小さく切って、粉に混ぜ、指先で、ほろほろに混ぜ込む。
  3. 卵と牛乳を混ぜたものを一気に加えざっと混ぜて、あとは折りたたむように、手で押し付けるように混ぜる。
  4. レーズンを加えて再び)折りたたむようにしてまとめ、ビニールに包んで、1.5センチ厚さにのばし、冷蔵庫で、30分休ませる。(型で抜くのも、ふくらみも良くなる。)
  5. ビニールから出して、好きな型で抜き表にグラニュー糖をまぶしつけて、180度のオーブンで、12分焼く。
  6. 好みのジャムや、バターをつけてどうぞ。
    冷めたら、軽くオーブントースターなどで温めると、焼きたてのようになる。
  7. 生地に砂糖を加えていませんが、レーズンの甘味と、表面のグラニュー糖で、充分おいしく感じます。
    15個から20個に作ります。


いちごの雛ケーキ


いちごのモスコビーを中につめたケーキです。
外側のスポンジは市販のカステラでも。

材料

スポンジケーキ

卵            2個
砂糖          60グラム
小麦粉         50グラム
バター         30グラム

いちごのモスコビー

いちご         1/2パック
砂糖           大さじ3
牛乳            70cc
生クリーム       150cc
ゼラチン        7・5グラム
レモン汁      少々

飾り用

生クリーム         2/3c
砂糖          大さじ2~3
いちご            2個
カラースプレー       少々
デコペン           1本

作り方

  1. スポンジを焼きましょう。
    卵を割りほぐして、泡だて器でふんわりするまで泡立てたら、砂糖を加えて、しっかり角が立って、つやが出るまで泡立てます。
  2. 小麦粉をふるって加え、切るように混ぜていきます。
    へらを持ち上げて、ゆっくり切れないで落ちるようになるまで、混ぜます。
    バターをレンジで溶かし、人肌くらいになったものを加えて、混ぜます。
  3. ケーキ型に入れて180度のオーブンで焼く20分焼きます。
    あら熱が取れたら、1センチ厚さにスライスします。
  4. モスコビーを作ります。(モスコビーのレシピ参照)
    少々固めに作るのは、ケーキのように切って 食べるのでだれないようにするためです。
  5. ボールにラップを敷きます。スライスしたスポンジを貼り付けていきましょう。
    隙間なく並べたらモスコビーを流し込みます。
    残ったスポンジでふたをします。
  6. そのまま、冷やし固めます。
    固まったら、型から抜いて、生クリームといちご・カラースプレーなどで飾ります。
    まわりもクリームで甘いので、中のモスコビーはレモンを絞って、少しすっぱくし たほうがおいしいと思います。
  7. 我が家の定番ケーキです。
    スポンジが多少失敗してもちょっとごまかせるのです。
    カステラでも代用できます。


いちごのモスコビー

ババロアよりも簡単!
いちごと、クリームの割合は、
お好みで変えてね。

材料

いちご         2/3パック
牛乳          100cc
生クリーム        1c
砂糖           大さじ4
ゼラチン         7.5グラム
水            大さじ3
  
飾り用生クリーム    適宜
いちご           適宜
ベリーのジャム     適宜

作り方

  1. いちごは、洗ってヘタを取り、ピューレにする。
    約1cになればよい。
  2. ゼラチンは水でふやかしておく。
  3. 牛乳を煮立て砂糖を煮とかし、火を止めてゼラチンを入れて余熱で溶かす。
  4. あら熱が取れたら、いちごピューレを加える。とろみがつくまで、冷やす。
  5. 生クリームを、砂糖大さじ1加えて、半立てにする。
  6. 4と5を合せて、グラスに注いで冷やし固める。
  7. ベリーのジャムを流し、生クリームを飾り、いちごをのせる。


栗のミルクレープ

 

材料

クレープ生地

小麦粉      120g        
砂糖       大さじ3
卵         3個
生クリーム    90cc
牛乳       300cc
塩        ひとつまみ

チョコカスタード

コーンスターチ  40g
砂糖       90グラム
牛乳       300cc
卵黄        4個分
無塩バター    15g
チョコレート     50g
ラム酒       大さじ1

栗(甘露煮)    5~6個

作り方

  1. チョコカスタードを作ります。材料を計りましょう。
  2. 粉類を全部あわせて、牛乳少々で溶きます。
    だまにならないように1度漉します。
  3. 牛乳を全部加え、火にかけます。
    とろみがついてなめらかになったら、少々の生クリームで溶いた卵黄を加えます。
    チョコも加えて、弱火で少し練ります。
  4. クレープを作ります。
    バターは入りませんが種をあわせてすぐに焼けます。
  5. 卵に砂糖を加え、よく混ぜ、粉を加えて、思い切り練ります。
    次に、生クリームを加えて練ります。
    なめらかになったら、牛乳でのばします。
  6. 薄くバターを塗ったフライパンで焼きます。
    薄焼き卵と同じです。
  7. たくさん焼いたら、クリームと栗とをだんだんに重ねます。

 



2008年02月07日

本を出版します。

 

新規にこちらでもブログを始めることにしました。

こちらはお仕事中心になるかな・・?

ちょっとまだ思案中です。

 

2月25日に初めてシングルネームで本を出します。

お料理の仕事を始めてなんだかんだ13年。

いろんな本に顔は出していても

自分の本は初めて(・◇・)ゞ

 

今日は色校正も終わってまた印刷所に入ります。