お料理するのは好きですか?Kanako's Kitchen

私は小さい時、好き嫌いがいっぱいあったのですが、
お料理を覚えてから、『食べることってこんなに楽しい!』
と思うようになりました。手料理って幸せな味だと思います。

洋ナシのババロアケーキ

きらきらゼリーでフルーツを閉じ込めました。洋なしのババロアがベースです。
スポンジは市販のもので簡単にできます。

材料

洋ナシの缶詰        1缶
牛乳             100cc
卵黄              3個分
砂糖             50グラム
ゼラチン            15グラム
生クリーム           1c
レモン汁           大さじ3
キルシュワッサー 大さじ2

市販のスポンジ       1/2枚
シロップ            30cc
   
レモン汁            大さじ1 
キルシュワッサー       大さじ1
ゼラチン             5グラム
水(果物缶の汁)       100cc
砂糖              大さじ2
 
果物缶・生の果物・ミントなど

作り方

  1. ケーキ型に、ラップを敷きます。
    本当は、セルクルという道具があるんだけど、持っている人は、少ないと思うので、普通のケーキ型で説明しますね。
    ラップの上に、スポンジケーキの厚みを半分にしたものを敷きます。
    これから重ねるババロアとなじみがいいように、シロップを全体に染み込ませます。
    なーに、シロップをいちいち作ることありません。
    アイスコーヒーに入れるポーションシロップが、ちょうどいいです。
    大人向けには、キルシュワッサーを加えて。
  2. 洋ナシのババロアを作ります。
    飾りに使う2切れくらい残して、ジュースごとピューレにします。
    これで300ccにします。
  3. ゼラチンは60ccの水でふやかしておきます。
    卵黄に砂糖を加えて、白っぽくなるまで泡だて器ですり合わせます。
  4. 牛乳に、砂糖を入れて沸騰直前まで温め、卵黄の入ったボールに、少しづつ加えて、よく混ぜます。
    もう1度鍋にかえし、弱火で1分くらいかき混ぜ、火を止めてゼラチンを加え余熱で溶かします。
  5. 洋ナシのピューレを入れて、よく混ぜます。
    そのまま、あら熱を取ってキルシュワッサーとレモン汁で、好みの加減にします。
    少しとろんとするまで冷やします。
  6. 生クリームを乳液くらいになるまで泡立てます。
    4と同じくらいのとろみになったら、合せます。
  7. スポンジの上に流し固めます。
  8. 固まったら、果物の缶詰や、フレッシュな果物で飾りましょう。
    写真の果物は、洋ナシ缶・ミカン缶・パイナップル缶。それと、フレッシュのブルーベリーとさくらんぼです。
    南国産のフルーツは、ゼラチンが固まらないことがあるので、注意してね。
  9. 水に砂糖・レモン汁・キルシュを加えてゼリー液を作ります。
    少しとろみがつくまで冷やし、果物の上からかけて、冷やし固めます。
    半日くらい置いたほうが、しっとりと全体がなじんで美味しいと思います。
     
レシピブログ

抹茶ムース白玉のっけ

むちむち白玉と、ふるるん抹茶ムースのデザート。
アジアンカフェみたいでしょ。

材料

白玉粉             90グラム
水                50cc
砂糖               大さじ             
茹で小豆缶          適宜
生クリーム           100cc
砂糖               大さじ1

抹茶               大さじ2 
牛乳               100cc
砂糖               60グラム
ゼラチン             10グラム
生クリーム             1c  

作り方

  1. 白玉粉に砂糖を加え、水を加えて、手でよくこねる。
    なめらかになって、耳たぶくらいの堅さがちょうどいい。
    丸めて、沸騰したお湯で茹でる。
    浮き上がったら、さらに1分くらい茹でて、水にとる。
  2. 生クリームに砂糖を加えて、あわ立てる。
    ホイッパーを持ち上げて、やっと角が立つくらいにする。
  3. ゼラチンは、3倍量の水にといておく。
  4. 牛乳を温め、砂糖を煮とかす。
    沸騰させないで火を止め、余熱でゼラチンを溶かす。
    抹茶を大さじ1強の熱湯で溶いて、牛乳に加える。
    1度、茶漉しのようなもので漉すと、なめらかになる。
    鍋の下を冷水につけてあら熱を取り、さらに冷やして、すこしとろみがつくまで冷やす。
  5. 生クリームを乳液くらいにあわ立てて、4と同じくらいのとろみになったところで、合わせる。
  6. 器に流して冷やし固め、上に、あんこ・白玉・生クリームをトッピング。
  7. あれば、ミントを飾る。白玉は、半日で堅くなるので、早めに食べてね。
    抹茶ムースは、3日くらい平気です。
     
レシピブログ

バナナケーキ

 

ケーキ型がなくっても混ぜ混ぜして
天板に流して焼けちゃう簡単ケーキ!
あたたくても冷めても、おいしいケーキ。

材料

バター             100グラム
砂糖              100グラム 
卵                  3個
バナナ               2本
ベーキングパウダー     小さじ1/2 
チョコチップ            大さじ3
ラム酒               大さじ1
小麦粉            100グラム

作り方

  1. バナナは、フォークの背で、つぶしておく。
    色止めのため、レモン汁少々振りかけておく。
    (記載外)好みで、ラム酒を絡めておく。
    (小さなお子さんがいるときは、省いてください。)
  2. 小麦粉とベーキングパウダーはいっしょに振るっておく。
  3. バターを室温で柔らかくして、クリーム状に練って砂糖を加え、白っぽくふんわりするまで、ホイップする。
  4. つぶしたバナナを加えて、よく混ぜわりほぐした卵を1個づつ加え、その都度、よく混ぜる。
    ふるった粉を加える。
    へらで、粉が見えなくなるまで、手早く切るように混ぜる。
  5. チョコチップを加えて、さっと混ぜ、天板に、クッキングシートをしいて流し込み、170度に熱しておいたオーブンに入れて20分焼く。
    あら熱が取れたら、切り分ける。

輪切りのバナナを埋め込んで焼いてもおいしい。
焼いている時のバナナのいい香りが、とってもいい感じ。
おしゃれするなら、ぽってりあわ立てた生クリームを添えて・・・。
あつあつケーキに、バニラアイスをそえてもおいしいよ。
 

レシピブログ

アールグレイのしっとりケーキ

あまりに簡単で、ごめんなさい。
市販のケーキを利用して作るデザートです。
冷たく冷やしてどうぞ。

材料

市販のカステラ          1切れ
濃くいれたアールグレイ     大さじ3
ラム酒                 少々
生クリーム              20cc
砂糖                 小さじ1
ミントの葉               適宜
ミモザの砂糖漬け          適宜

作り方

  1. アールグレイを濃いめにいれて冷ます。
    ラム酒を加える。
  2. カステラに、たっぷりと染み込ませる。
  3. 生クリームをとろりと流れる6分立てにして、全体を覆うようにかける。
  4. 冷蔵庫で冷たく冷やして、飾りをのせてどうぞ。

小さな子供には、紅茶とお酒の代わりにりんごジュースやレモンジュースを染み込ませて。
季節のフルーツを飾っても・・。 

レーズンスコーン

サクっとしたスコーンを作るには、
折りたたむようにすること。
練ってしまうと固くなります。

材料

小麦粉           200グラム
牛乳             大さじ3
ベーキングパウダー   小さじ2
レーズン           1/2c
バター            70グラム
グラニュー糖         適宜
卵                1個

作り方

  1. 小麦粉とベーキングパウターはあわせて振るっておく。
  2. バターを7ミリ角くらいに小さく切って、粉に混ぜ、指先で、ほろほろに混ぜ込む。
  3. 卵と牛乳を混ぜたものを一気に加えざっと混ぜて、あとは折りたたむように、手で押し付けるように混ぜる。
  4. レーズンを加えて再び)折りたたむようにしてまとめ、ビニールに包んで、1.5センチ厚さにのばし、冷蔵庫で、30分休ませる。(型で抜くのも、ふくらみも良くなる。)
  5. ビニールから出して、好きな型で抜き表にグラニュー糖をまぶしつけて、180度のオーブンで、12分焼く。
  6. 好みのジャムや、バターをつけてどうぞ。
    冷めたら、軽くオーブントースターなどで温めると、焼きたてのようになる。
  7. 生地に砂糖を加えていませんが、レーズンの甘味と、表面のグラニュー糖で、充分おいしく感じます。
    15個から20個に作ります。

いちごの雛ケーキ


いちごのモスコビーを中につめたケーキです。
外側のスポンジは市販のカステラでも。

材料

スポンジケーキ

卵            2個
砂糖          60グラム
小麦粉         50グラム
バター         30グラム

いちごのモスコビー

いちご         1/2パック
砂糖           大さじ3
牛乳            70cc
生クリーム       150cc
ゼラチン        7・5グラム
レモン汁      少々

飾り用

生クリーム         2/3c
砂糖          大さじ2~3
いちご            2個
カラースプレー       少々
デコペン           1本

作り方

  1. スポンジを焼きましょう。
    卵を割りほぐして、泡だて器でふんわりするまで泡立てたら、砂糖を加えて、しっかり角が立って、つやが出るまで泡立てます。
  2. 小麦粉をふるって加え、切るように混ぜていきます。
    へらを持ち上げて、ゆっくり切れないで落ちるようになるまで、混ぜます。
    バターをレンジで溶かし、人肌くらいになったものを加えて、混ぜます。
  3. ケーキ型に入れて180度のオーブンで焼く20分焼きます。
    あら熱が取れたら、1センチ厚さにスライスします。
  4. モスコビーを作ります。(モスコビーのレシピ参照)
    少々固めに作るのは、ケーキのように切って 食べるのでだれないようにするためです。
  5. ボールにラップを敷きます。スライスしたスポンジを貼り付けていきましょう。
    隙間なく並べたらモスコビーを流し込みます。
    残ったスポンジでふたをします。
  6. そのまま、冷やし固めます。
    固まったら、型から抜いて、生クリームといちご・カラースプレーなどで飾ります。
    まわりもクリームで甘いので、中のモスコビーはレモンを絞って、少しすっぱくし たほうがおいしいと思います。
  7. 我が家の定番ケーキです。
    スポンジが多少失敗してもちょっとごまかせるのです。
    カステラでも代用できます。

いちごのモスコビー

ババロアよりも簡単!
いちごと、クリームの割合は、
お好みで変えてね。

材料

いちご         2/3パック
牛乳          100cc
生クリーム        1c
砂糖           大さじ4
ゼラチン         7.5グラム
水            大さじ3
  
飾り用生クリーム    適宜
いちご           適宜
ベリーのジャム     適宜

作り方

  1. いちごは、洗ってヘタを取り、ピューレにする。
    約1cになればよい。
  2. ゼラチンは水でふやかしておく。
  3. 牛乳を煮立て砂糖を煮とかし、火を止めてゼラチンを入れて余熱で溶かす。
  4. あら熱が取れたら、いちごピューレを加える。とろみがつくまで、冷やす。
  5. 生クリームを、砂糖大さじ1加えて、半立てにする。
  6. 4と5を合せて、グラスに注いで冷やし固める。
  7. ベリーのジャムを流し、生クリームを飾り、いちごをのせる。

栗のミルクレープ

 

材料

クレープ生地

小麦粉      120g        
砂糖       大さじ3
卵         3個
生クリーム    90cc
牛乳       300cc
塩        ひとつまみ

チョコカスタード

コーンスターチ  40g
砂糖       90グラム
牛乳       300cc
卵黄        4個分
無塩バター    15g
チョコレート     50g
ラム酒       大さじ1

栗(甘露煮)    5~6個

作り方

  1. チョコカスタードを作ります。材料を計りましょう。
  2. 粉類を全部あわせて、牛乳少々で溶きます。
    だまにならないように1度漉します。
  3. 牛乳を全部加え、火にかけます。
    とろみがついてなめらかになったら、少々の生クリームで溶いた卵黄を加えます。
    チョコも加えて、弱火で少し練ります。
  4. クレープを作ります。
    バターは入りませんが種をあわせてすぐに焼けます。
  5. 卵に砂糖を加え、よく混ぜ、粉を加えて、思い切り練ります。
    次に、生クリームを加えて練ります。
    なめらかになったら、牛乳でのばします。
  6. 薄くバターを塗ったフライパンで焼きます。
    薄焼き卵と同じです。
  7. たくさん焼いたら、クリームと栗とをだんだんに重ねます。

 

本を出版します。

 

新規にこちらでもブログを始めることにしました。

こちらはお仕事中心になるかな・・?

ちょっとまだ思案中です。

 

2月25日に初めてシングルネームで本を出します。

お料理の仕事を始めてなんだかんだ13年。

いろんな本に顔は出していても

自分の本は初めて(・◇・)ゞ

 

今日は色校正も終わってまた印刷所に入ります。

田中可奈子 プロフィール

プロフィール


jpg

   料理研究家
   栄養士
   調理士
   フードコーディネーター
   食育指導士
   国際薬膳食育師
   エコ・クッキングナビゲーター(東京ガス)


テレビ、新聞、企業HP、健康雑誌へのレシピ執筆、レシピ本の出版を手掛けています。
また、企業カルチャールームでの講師などもつとめています。
自宅の料理教室「Kanako's Kitchen」を再開するためにただいま準備中です。


7年前の家族の病気をきっかけに食事療法の勉強をし、健康に楽しく生きるために、
おいしくて、作りやすいレシピを研究し、紹介することを心掛けています。 

2017年7月まで主人の赴任先の札幌と柏を行ったり来たりの2年間でしたが、柏に戻って落ち着いてきたところです。
自宅教室を再開するためにただいま準備中。







お仕事

2017年のお仕事
 
  ●
NPOたすけあいワーカーズこころ(北海道)のお手伝いをさせていただきました。

  ●brilliant days FM北海道 巻寿司のお話

  ●ノンオイル講習会 講師 札幌にて

  ●巻寿司講習会 札幌手稲にて

       ●Kenpo News(保健同人社)連載

  ●主催 NPOひまわりの会 
   コンテンツ博報堂×保健同人社の携帯アプリ「母子健康手帳」にレシピ掲載



2016年のお仕事

  
●NPOたすけあいワーカーズこころ(北海道)のお手伝いをさせていただきました。

  ●巻寿司のコミュニティサイト「MAKIZUSHI倶楽部」の巻寿司大使
                http://makizushi-club.com/about/index.html

  ●KENPONEWS(保健同人社)連載

  ●書籍「ノンオイルだからおいしいお菓子」女子栄養大学出版部

  
2015年のお仕事

  ●60代からの健康ご飯教室「あ・し・たクッキング」講師 1月・2月・4月開催

  ●柏の葉キャンパスまちの健康研究所「あ・し・た」食のアドバイザー

  ●柏の葉キャンパス「未来こどもがっこう」にて「まきずしぐるぐる」講師

  ●「栄養と料理」(女子栄養大学出版部) 9月号
     テーマ 「介護食はもっと楽になる」で「気負わない食べやすいおかず集」担当
     表紙のお料理を担当

  ●IBD患者さんのおいしい教室 (アッビイ合同会社主催)全国4か所で開催

  ●巻寿司のコミュニティサイト「MAKIZUSHI倶楽部」の巻寿司大使
                http://makizushi-club.com/about/index.html

  ●味の素製薬HPにレシピ掲載    
          http://www.ajinomoto-seiyaku.co.jp/patient/recipe/index.html

  ●@BEAUTISTでレシピ連載    https://www.cosme.net/beautist/myblog/4598



2014年のお仕事

  ●「クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん」(女子栄養大学出版部)10月出版

  ●朝日新聞くらし「水回り」掲載

  ●ロサンゼルス ラフ新報  掲載

  ●ロサンゼルス ラフ新報  オンライン掲載
     http://www.rafu.com/2014/12/kurisumasu-keiki-for-everyone/

  ●けんぽニュース(保健同人社) 連載

  ●「笑顔」(保健同人社)ベジスープ 特集

  ●@BEAUTIST「食べてきれい!kanakoの美食キッチン」連載

  ●柏市包括センター「はなまる講座」講師

  ●メタボ予防フォーラム  講話

  ●プチカル柏の葉「幼稚園のお弁当」講師

  ●プチカル柏の葉「週末ダイエットクラブ」レシピ提供

  ●柏の葉キャンパス まちの健康研究所「あ・し・た」食のアドバイザー

  ●「かしわで」新米イベントレシピ提供



  2013年のお仕事


  ●朝から干して晩にはおいしい「毎日使える干し野菜レシピ」 (PHP研究所)
 

  ●砂糖は使わず旨みたっぷり「甘麹レシピ」 (ぴあ出版)

  ●「栄養と料理」3月号(女子栄養大学出版部) 家族がクローン病になったとき 
 

  ●「栄養と料理」11月号(女子栄養大学出版部) ノンフライヤーを試してみました!
 

  ●「笑顔」(保険同人社)連載
 

  ●「けんぽニュース」(保険同人社)連載
 

  ●@BEAUTIST「食べてきれい!kanakoの美・食・キッチン」連載
 

  ●はなまるマーケット (TBS)出演   「 甘麹レシピ」
 

  ●アサヒフーズ&ヘルスケア  10月号「干し野菜」
 

  ●L4YOU (テレビ東京)出演    「干し野菜特集」
 

  ●柏市包括センター「はなまる講座」
 

  ●「メタボ予防サポーター養成講座」柏の葉を健康にする実行委員会
 

  ●JS plus「干し野菜」


2012年のお仕事


  ●保険同人社「笑顔」連載
 

  ●保険同人社「けんぽニュース」
 

     ●ベネッセ「こどもちゃれんじほっぷ」 幼稚園準備号付録教材「ぺたぺたシール絵本」


  ●東京都教育委員会「早寝早起き朝ごはんプロジェクト」講師
 

  ●@BEAUTIST 「食べてきれい!kanakoの美・食・キッチン」連載


  ●@COSME ラックスバイオフュージョン「美髪レシピ」
 

  ●東京電力「CYBERHOME」vol 9 

    「旬の野菜&フルーツで元気いっぱいに彩る夏の食卓」
 

  ●西友折込誌「KY365TIMES」  山形の「つっぱりうどん」紹介


  ●読売広告社「柏の葉カレーを作ろう」イベント講師
 

  ●グラフ社「朝作らないおべんとうおかず600」レシピ掲載


  ●ルックナウ 「0円・50円・100円 安っ!ベストおかず775」レシピ掲載


  ●週刊新潮・週刊文春 赤福「おかげ横丁」広告シリーズ  「祭り寿司」
 

  ●プレジデント社「プレジデントファミリー」8月号 「子供の脳にいちばんいいこと」

  ●「栄養と料理」(女子栄養大学出版部)11月号 「ノンオイルレシピ」

  ●山形教室
 

  ●自宅教室

2011年のお仕事

  • 女子栄養大学出版部「栄養と料理」8月号特集
  • 保険同人社「笑顔」毎月連載

  • 京葉ガス 幼稚園のお母様向けの講習会 不定期開催
  • Yahoo Japan8月号 「節電ガイド」レシピ掲載
  • 経済産業省HP 節電レシピ 掲載
  • 「干し野菜レシピ」ぴあMOOK

  • 「朝作らないおべんとうおかず」(グラフ社)

  • 「いっしょにおうちクッキング」(東京ガスレシピ提供)

  • 京葉ガス「アフター5クッキング」講師

  • 「食べてキレイ!kanakoの美・食・キッチン」連載 (@BEAUTIST)

  • 自宅教室
  • 山形教室

過去のお仕事

【雑誌】
  • 「プチタンファン」          婦人生活社
  • 「小学生MAM」連載       婦人生活社
  • 「お料理マイン」          講談社
  • 「私の赤ちゃん」         主婦の友社
  • 「COMO」             主婦の友社
  • 「バルーン」            主婦の友社
  • 「赤ちゃんとママ」         赤ちゃんとママ社
  • 「みんな大きくなぁれ」連載   ベネッセ ホップ
  • 「こどもちゃれんじ ぽけっと」  ベネッセ
  • 「おはよう赤ちゃん」        学研
  • 「プレジデントファミリー」      プレジデント社
  • 「栄養と料理」            2010年連載など
  • 「笑顔」               保険同人社
  • 「けんぽニュース」        保険同人社
【書籍とMOOK】
  • これで勝ち組み!「塾べん&合格ごはん」  主婦の友社
  • 「朝ねぼうさんのおべんとうレシピ」      グラフ社
  • 1〜5歳の「おべんと生活」           赤ちゃんとママ社 共著
  • 「食と健康」辞典                 ポプラ社 レシピ&料理担当
  • 「おべんとう365日」               講談社  共著
  • はじめてのカンタン離乳食 1〜4       Gakken
  • 「元気いっぱい幼稚園弁当」          婦人生活社編集
  • 「ママと一緒にクッキング」           婦人生活社編集
  • 「パパッと作れるおかず」            主婦の友社編集
  • 「ママラクチン!幼稚園弁当」         主婦の友社編集
  • 「パパッと!おやつ」               主婦の友社編集
  • 「子どもといっしょにおやつ・パン・ランチ」  主婦の友社編集
  • 「最強の秋冬おかず」              グラフ社編集
  • 「20分で旬満載の4品ごはん」        東京ガス編集
  • 「春夏秋冬土鍋でごはん」           東京ガス編集
  • 「いっしょに!おうちクッキング」        東京ガス編集
  • ちょっと干すだけで驚くほどおいしくなる「干し野菜レシピ」   ぴあMOOK
  • 「スーパー主婦の早わざ本格料理」      立風書房
  • 朝から干して晩にはおいしい「毎日使える干し野菜レシピ」   PHP研究所
  • 砂糖は使わず旨みたっぷり「甘麹レシピ」     ぴあ出版

他MOOK多数。 読売新聞や企業新聞などにもレシピを提供。

最新コメント





公認@BEAUTIST


QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 体を温めて冬美人
  • 体を温めて冬美人
  • 体を温めて冬美人
  • 体を温めて冬美人
  • ノンオイルシフォンケーキ
  • ノンオイルシフォンケーキ
  • ライブドアブログ