お料理するのは好きですか?Kanako's Kitchen

私は小さい時、好き嫌いがいっぱいあったのですが、
お料理を覚えてから、『食べることってこんなに楽しい!』
と思うようになりました。手料理って幸せな味だと思います。

空芯菜・・・って知っている?  記事アップしました。



@BEAUTIST記事アップしました。

空芯菜・・・・って知っている?

クリックしてください。レシピのページに飛びます。


空芯菜


さっくさくの空芯菜は、 

最近スーパーでも簡単に手に入るようになってきました。




真ん中が空洞になっているセリ科の野菜です。

中華でも使われていたりしますが、

これが夏バテ防止にはぴったりの野菜なんです。



ビタミン類も豊富で

抗酸化作用もあるので、

肌の老化防止、髪にもいいらしいですよ。




なんてったって、サクサクさわやかな味は

箸が止まらなくなります。

見つけたらぜひお試しくださいね。







 

「食と健康」



日本人が長寿国になって

今や総人口の1/4は高齢者と言われています。

でも、高齢者と言われる人が

みんな自分のことを思うように楽しめているでしょうか?





まだまだ先のことと思うけれど、

自分の体をもう一度きちんと見つめて、

これまで食べた物で今の自分ができている・・・・・

と思ったら、

これまでの食べ方でいいのかな?

とちょっと気になりますね。



book 004





ポプラディア情報館  「食と健康」  は

2006年に発行になった

小学校から中学校の図書館向けの 百科事典。





この中の料理レシピ、栄養計算

そして 写真のお料理を担当しました。

子供向けではあるけれど、

よく中を見てみると

子供でもよくわかるように書いてある現代の日本人向けと思います。




学校図書館や、地区の図書館で見つけたら

ちょっと手に取って、

自分に当てはめて眺めてみてください。





 

きのこの和風マリネ 記事アップしました。



@BEAUTIST 記事アップしました。

きのこの和風マリネ

クリックしてください。レシピのページに飛びます。 


きのこのマリネ2


思いっきり、梅雨ですね〜・・・・。

雨の音がすごいときは、

ザーザー!というよりはどしゃどしゃ! っていう感じで、

日本はすっかり亜熱帯になっちゃった感じです。



これからずーっと毎年こんな感じになっちゃうんだろうか?




こんな天気が続くと、ちょっと体がダル重〜だったりして、

さっぱりしたものはうれしいですね。

根菜のしゃきしゃきとキノコのさくさく。

お腹もすっきりしますよ。




明日からワールドカップだし、

さっぱりすっきり!

さ、応援しなくっちゃ!









 

食欲増進!お刺身の梅ごま和え 記事アップしました。



@BEAUTIST記事アップしました。

食欲増進!お刺身の梅ごま和え

クリックしてください。レシピのページに行きます。

おさしみの梅ごま和え

うっとおしい雨が続きます。

ずっと日に当たらないでいると、

気持ちもあがらないし、わくわくしないから

なんか食欲も落ちちゃったりしますね。




でもそんな時は香りの野菜を上手に使って

すっきりしましょう。

今回使うのは、梅干し・すりごま・ねぎ。

いつも家にあるようなものですが、

いつものお刺身がかおりもコクもすばらしい逸品になっちゃいますよ。




お刺身はお好みのものでOK。

ごはんもお酒も進みます。

うん、これで、あしたも頑張ろう。











 

体がしゃっきり!にんにくみそで野菜がうまい! 記事アップしました。




@BEAUTIST記事アップしました。

体がしゃっきり!にんにくみそで野菜がうまい!

クリックしてください。レシピのページに飛びます。


CIMG2155

おおっ!今日のビールのつまみはこれだぜ!

味噌だけでも飲めるやん・・・って。



スタミナばっちりのにんにくたっぷり。

野菜といっしょに食べると、口の中がすんごいジューシー!



きゅうりもパプリカもアスパラも

もうどんどんイケちゃう。



日持ちするのでたっぷり目に作ることを

おすすめします!!!













 

日焼けに負けるな!トマトと蒸し鶏のサラダ 記事アップしました。



@BEAUTIST記事アップしました。

日焼けに負けるな!トマトと蒸し鶏のサラダ

クリックしてください。レシピのページに飛びます。


CIMG2154

トマト・・・今いろいろおいしいの・かわいいの、出てますよね〜。

トマトメニューだけのレストランもあったりして、

すっかり日本の食卓に欠かせないものになりました。




トマトが赤くなると医者が青くなる

昔からそう言われるように、

ビタミンたっぷりのトマトは 

ナトリウムを体の外に出したり、

血管を丈夫にしたり、

細胞の癌化を防いだり、

いいことづくめ。




お店に行っていろんなトマトを試してみるのも

楽しいかもしれません。



レシピの料理はちょっと中華風。

あっという間に1個分ぺろりと食べられます。








 

野菜のピクルスでさっぱり押しずし 記事アップしました。



@BEAUTIST記事アップしました。

野菜のピクルスでさっぱり押しずし

クリックしてください。レシピのページに飛びます。 


 
野菜の押しずし

ケーキみたいに作った野菜のお寿司。

実はピクルスを刻んで

つけ汁ごとご飯に混ぜた野菜寿司なんです。




蕪やパプリカ・にんじん・大根

ちょっとずつ残った野菜はすし酢につけておくと、

あ〜ら和風ピクルスに早変わり。

保存もきいて、お料理の彩りに使ったり 、

あえ物に混ぜたり、おべんとうにも使えて便利。



長くつけておくと、野菜から水分や甘みが出て

つけ汁の味が薄まるので

ごはんに混ぜたら塩で味を調節してくださいね。

きのこのピクルスもおすすめです!







 

お腹もすっきり!残り野菜でドライカレー 記事アップしました。




@BEAUTIST記事アップしました。

お腹もすっきり!残り野菜でドライカレー

クリックしてください。レシピのページに飛びます。

CIMG2103

ゴールデンウィークです!


お天気も良く、今日は真夏日でしたね。

行楽に出かける人も多いのでは?




なんですが!

混雑が嫌いな我が家は、今年もノープラン・・・・。

まっ!毎年恒例の春の大掃除でもやりますか!

(・・・と言いながら、だらだらしそうですが。)





まずは、やっぱり常日頃お世話になっているキッチンからかな〜?

冷蔵庫の中身をすっきり掃除する、

ドライカレーにしてみました。

チャツネ代わりにりんごにしましたが、

トマトとかでもOK!

というか、なんでもみじん切りにして

入れてみてね。

冷蔵庫もお腹もすっきり、野菜のうまみと甘みに

きっとびっくりするはず!!









 

告知 「全部食べたよ!幼稚園べんとう」



6月2日月曜日

プチカル柏の葉で

「全部食べたよ!幼稚園弁当」ワークショップを開きます。


プチカル






幼稚園 に入って、

初めて家族の元を離れてお弁当を食べるって

本当はこどもにとってはドキドキの経験です。




親にとっても、

上手に食べられるかしら?

おいしく食べてるかしら?

お友達と上手にお話ししながら食べてるかしら? 

と心配は尽きませんね。




こどもが「全部食べたよ〜!」と元気に報告できるように、

親子で笑顔になれるような幼稚園弁当のコツを

みんなで勉強してみませんか?



詳しい内容はここをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1489775934567976/















 

えびのマヨネーズ炒め   記事アップしました。





@BEAUTIST記事アップしました。

えびのマヨネーズ炒め

クリックしてください。レシピのページに飛びます。

 
エビマヨ炒め

今食べないと、また旬のたけのこは一年待たないと〜!

なので、筍の煮物に、たけのこご飯に・・・・。

和食メニューではたくさんいただいたけど、

中華の炒め物もこりゃまたおいしい!





もこもこ大きくなってきたブロッコリーとあっさり海老と合わせて

コクのあるマヨネーズで炒めれば、

もう、お箸が止まりません。




たけのこってしばらく栄養がないと思われていたけど、

最近はその旨み成分のチロシンやアスパラギン酸が

新陳代謝を活発にし、

脳を活性化させる働きがあることが わかっています。 




もちろん、食物繊維は腸をきれいにする働きがありますね。

それと、ビタミンも葉酸もたっぷりなブロッコリーを合わせたら、

アンチエイジングには最強のメニューの出来上がり!

赤い海老のアスタキサンチンもエイジングケアにはぴったり。





おいしいメニューできれいになっちゃう!









 
最新コメント





公認@BEAUTIST


QRコード
QRコード
ギャラリー
  • ホームページを作りました。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 2018年今年もよろしくお願いします。
  • 本の重版のお知らせ
  • ライブドアブログ