お料理するのは好きですか?Kanako's Kitchen

私は小さい時、好き嫌いがいっぱいあったのですが、
お料理を覚えてから、『食べることってこんなに楽しい!』
と思うようになりました。手料理って幸せな味だと思います。

筍とわかめの煮物

筍1本茹でたら、筍ご飯といっしょに絶対作る春の定番です。
こういう季節なんだなあとしみじみ感じるおかずです。

材料

筍      400グラム(中1本)
わかめ(塩蔵)  もどして100グラム
貝割菜(あれば木の芽)  少々
出し汁    3c
砂糖        大さじ2
塩       小さじ1
みりん      大さじ2
醤油     大さじ1
酒         大さじ2

作り方

  1. 筍は、先端から5センチ長さに切り、縦4つに切る。
    真中の部分は、輪切りにし、もっとしたの大きい部分は
    輪切りから半分にする。1センチくらいの厚みを持たせる。
  2. わかめは、水で塩を洗い流し、もどして食べやすく切る。
  3. 鍋に、出し汁を入れ、酒・砂糖を入れて煮立たせる。
    筍を入れて10分くらい静かに煮る。
  4. 他の調味料をいれて、さらに5分くらい煮る。
    1度火を止めてあら熱を取る。
レシピブログ

たけのこご飯

今年もこの季節がやってきました。
たけのこ、上手に茹でられますか?

材料

茹でたけのこ     150グラム
しらたき       小1玉
油揚げ        1枚
出し汁        ひたひた
塩          小さじ1/2
砂糖         小さじ1
酒          大さじ1
醤油         大さじ1
米          3合
A{塩 小さじ1 醤油 小さじ1}

作り方

  1. 茹でたけのこは、1センチ巾の色紙切りにする。
    白滝は食べ易い長さに切って茹でてあくを抜く。
  2. 油揚げは、1度、熱湯をかけて、油抜きする。
    細切りにする。
  3. ひたひたの出し汁と、調味料で、5分くらい煮る。
    汁と具に分ける。
  4. 米を洗って、30分水に浸す。ざるにあげておく。
  5. 炊飯器に、米を入れ、さっき分けた汁を入れ、
    {A}の調味料と水を足して、3合に合わせる。 
  6. スイッチを押して、炊飯する。炊き上がってから、
    具を混ぜて、蒸らす。

おいしい筍の茹で方

  

  1. 筍は、何と言っても掘りたてがおいいしいです。
    朝早く掘ってすぐ茹でるのが1番ですが、
    買ってきた場合は、とにかくすぐに茹でること。
  2. きれいに泥を落としたら、外側の2~3枚汚い皮をむきます。
    下の固そうないぼいぼは、こそぎ取ります。
    上1/3位を斜めに切り落とします。
    後で剥きやすいようにたてに包丁を1本入れます。
    上に向かって深く、下に向かって浅くなるように入れます。
  3. たっぷりの水に米ぬかを1cくらいと赤唐辛子2~3本入れて、
    筍がなるべく顔を出さないようにしながら、
    1時間から2時間茹でます。そのまま、冷まします。
    冷める間にうまみが筍に戻ります。
    完全に冷めたら、皮を剥きましょう。
  4. 水の中にいれて、保存します。
    水から出ないようにします。
    水がにごったら、取り替えましょう。

1週間はおいしく食べられます。

レシピブログ

雛バーグ

食べてびっくり!!
外側はマッシュポテト!
中はミートローフ!!!

材料

ミートローフ

牛豚挽き肉    400グラム
たまねぎ     200グラム
パン粉      1c
卵        1個
牛乳       50cc
塩        小さじ1
こしょう     少々
バター      大さじ1
ナツメグ     少々
オレガノ     小さじ1/2

マッシュポテト 

じゃがいも    4個
牛乳       50cc
バター      大さじ1
塩・こしょう   適宜
卵黄       1個

飾り用

ウズラの卵    2個
ハム       1枚
きゅうり     少々
人参       少々
マヨネーズ    適宜
ラディッシュ   1個


作り方

  1. ミートローフを作りましょう。たまねぎは、
    みじん切りにして、バターでしんなり炒めます。
    パン粉は、牛乳で湿らせておきます。 
  2. ひき肉は、半分量を炒めて、
    塩こしょうして冷ましておきます。
    こうすると、生焼けになったり焼き縮が少なくてすみます。
  3. 材料をすべてこね合わせます。
    焼き型にバターを塗って、肉を詰め、180度のオーブンで
    約20分。竹串をさして、すんだ肉汁が出たら、焼き上がりです。
  4. マッシュポテトを作りましょう。
    じゃがいもは皮をむいて、乱切りにして、水から茹でます。
  5. 柔らかくなったら、粉ふきにして、塩こしょうしてつぶします。
    熱いうちに、バターと、牛乳でのばした卵黄を混ぜ、
    もう1度火にかけて、ぽってりと練り上げます。
  6. あら熱の取れたミートローフのまわりを、マッシュで覆います。
  7. ウズラの卵とハムやきゅうりでお雛様を作ってのせます。
  8. マヨネーズをちょんちょんと絞り、
    ラディッシュで飾りました。歓声!!
  9. ケチャップやソースを添えてどーぞ。

雛ずし

形を変えるだけでこんなにかわいいでしょ!

材料

米     2c
こぶだし 2cと100cc
酢     50cc
塩     小さじ1
砂糖    大さじ2
焼き鮭   1切れ
胡瓜     2/3本
白ごま   大さじ1
卵     2個
でんぶ    適宜
ハム    2枚

作り方

  1. 米は、炊く30分前に洗って水に浸しておく。
  2. こぶだしでご飯を炊く。合せ酢は、炊飯器のスイッチを入れるときに合せておく。
  3. 炊きあがったご飯を5分ほど蒸らしたら、飯切りにあけ、合せ酢をまわしかけて、すし飯にする。
  4. きゅうりは、小口に切って、塩をしてしんなりしたら絞る。焼いた鮭をほぐしたものと、白ごまとをすし飯に混ぜる。
  5. 卵で、錦糸玉子を作っておく。ハムは、花びらの形などで抜いておく。
  6. ちらしずしを茶碗に入れて皿にかえす。
  7. でんぶや、錦糸玉子で覆い、ハムで飾る。甘酢しょうがでも良い。
  8. 庭の葉っぱを摘んできて、きれいに洗って、お寿司に敷いたら、もっと素敵。
レシピブログ

かつおのたたき韓国風

たれは、ごま油1:しょうゆ1:酢1がポイント

材料

かつお   200グラム
きゅうり  2本
ねぎ    1本
生姜    1かけ
胡麻    大さじ1

ごま油  大さじ2
醤油  大さじ2
酢  大さじ2
 

作り方

  1. きゅうりは、千切り。葱は斜め薄切り。
  2. かつおは、食べやすい刺身状にする。
  3. きゅうりを敷き、かつおを並べ、
    水にさらした葱をのせる。
     
    みじん切りの生姜と胡麻を散らし、
    1:1:1の調味料を、ざーっとまわしかける。

かつおのたたきは臭みがあって・・・という人も、
これは結構いけると思います。
そういう私も、これはおいしいと思います。

レシピブログ

豆腐のザーサイサラダ

たれは、ごま油1:しょうゆ1:酢1がポイント

材料

豆腐      1丁
トマト    1個
きゅうり    1本
ザーサイ   40g
生姜      少々
葱     2センチ

ごま油  大さじ2
醤油  大さじ2
酢  大さじ2

作り方

  1. 豆腐は、食べやすい大きさに切る。
    もしくは、粗くほぐす。
  2. トマトは、縦半分に切ってから、5ミリ厚さに切る。
  3. きゅうりとザーサイは、荒みじんに切る。
    生姜と葱は、みじん切り。
  4. きゅうり・ザーサイ・生姜・葱に1:1:1の
    調味料を混ぜる。
  5. トマトと、豆腐をきれいに盛り付け、4を上から汁ごと盛り付ける。
  6. 食べる時は、混ぜながらどうぞ。家の子どもたちも大好きなサラダです。
レシピブログ

いちごのカスタードケーキ


スポンジの間にカスタードクリームを詰めて、
中にいちごを丸ごと埋め込みました。
外側は、生クリームといちご・ブルーベリー・
スライスアーモンドで飾っています。
どっしりと、少し重めの食べ応えのあるケーキです。

材料

スポンジ

薄力粉          90g
砂糖            90g
全卵            3個 
卵黄            1個
溶かしバター      30g

カスタードクリーム

卵黄            3個 
コーンスターチ     大さじ4
薄力粉         大さじ3
砂糖            60g 
牛乳           250cc
ゼラチン          7g
生クリーム        100cc
砂糖          大さじ2

デコレーションの生クリーム

生クリーム        200cc
砂糖            大さじ3 
オレンジキュラソー   大さじ2

いちご・ブルーベリー    適宜

作り方

  1. スポンジを焼く。
    薄力粉はふるっておく。
    卵3個と卵黄1個をボールに入れ、あわ立てる。
    ふんわりとしてきたら、砂糖を加えて、4分くらい、もったりときめの細かいつやのある感じになるまであわだてる。
  2. 振るった小麦粉を2回〜3回に分けて加え、切るように混ぜて持ち上げたへらから、ゆっくりと切れないで流れ落ちるくらいまで、混ぜる。
  3. あたたかい溶かしバターをへらでうけながら広げ、さっくりと混ぜる。
  4. 180℃に温めておいたオーブンで25分焼く。
  5. 冷めたら、2枚に切り分ける。慣れていたら、3枚に切って、1枚残してもよい。
  6. カスタードクリームを作る。
    鍋に、粉類・砂糖・卵黄を混ぜて入れ、牛乳50ccを加えて、だまの無いようによく練る。
    別の鍋で熱くした牛乳を加え、火にかけて、中火以下でとろりとして、つやがでるまで練る。
    2倍の水でふやかしたゼラチンを加え、余熱で溶かす。
  7. すっかりさめたら、固くならないうちに、7分立てした生クリームを混ぜる。
  8. スポンジに、シロップ(ポーションのガムシロップ1個に、水大さじ1杯と、リキュールを加えたもの・ちょっと、ずるいシロップです。)をしみこませ、しっとりさせたものをケーキ型にラップを敷いて1枚はめ込む。
  9. カスタードクリームを流し込み、いちごをごろごろ埋め込む。
  10. また、スポンジでふたをして、冷蔵庫で冷し固める。
  11. あわ立てた生クリームと、いちご・ブルーベリーで飾る。
    あれば、アーモンドスライスを、150度で10分焙煎し、冷ましたものをまわりに貼り付ける。

カスタードクリームがどっしりとした、たべごたえのあるケーキです。

レシピブログ

巨峰のケーキ

巨峰をたっぷりのせました。
皮を取って、種を取って
ちょっと面倒だけど、すごく
贅沢な気分に浸れます。
巨峰が面倒な分下はカステラで作りました。

材料

巨峰                大きいのを1房
100%葡萄ジュース          2c
生クリーム            1パック(200cc)
カステラ                3~4きれ
砂糖                  60グラム 
ゼラチン(クリームゼリーの)    10グラム
ゼラチン(上のゼリーの分)      5グラム

作り方

  1. 巨峰は、皮と種を取ります。
    その時に出たジュースはおいしいのでとっておきます。
  2. ゼラチンを3倍量の水でそれぞれふやかします。
  3. セルクルがあればさらにセルクルをおいてカステラを1センチ厚さにしてしきこみます。
    なければ、ケーキ型にラップを敷いて、底にカステラを敷きこみます。
  4. 葡萄ジュースに巨峰の汁を加えて1cにします。
    ゼラチン10グラムの方をレンジでとかして加えます。
    とろみがついてくるまで冷します。
    その間に生クリームに砂糖を加えて半立てにします。
  5. ジュースににとろみがついたら生クリームと合わせます。
  6. に流し込みます。冷蔵庫で冷し固めます。
  7. ジュース1cに5グラムのほうのゼラチンをレンジで溶かして加えます。
    味を見て酸味が欲しい時はレモン汁を加えます。
    メーカーによってジュースの味が違うので好みの味にしてください。
    一般的にゼラチンで固めると味がぼんやりするので、ジュースとしては濃い目がいいと思います。
  8. 5がかたまったら巨峰を並べてゼリー液を流し込み、冷し固めます。
  • ゼリーは固まると味がぼやけるのでクリームゼリーのほうもジュースのゼリーのほうもちょっと甘めにしたほうが上手くいきます。
  • 大人のケーキにする時はホワイトキュラソーなどリキュールを加えても良いでしょう。
レシピブログ

スポンジケーキ

スポンジケーキが焼けるようになると、
すごくお菓子が上手になった気がしますよね。
そう本当は、スポンジケーキは
私もいつも必ず上手く焼ける
というものでもなかったのです。
でも、この分量にしたら
大抵上手く焼けるようになりました。

材料

薄力粉            80グラム
砂糖             90グラム
卵                3個 
卵黄              1個
牛乳              大さじ1
バター            30グラム

なんちゃってシロップ

ガムシロップ        ポーション1個
水                 大さじ1
リキュール(好みのもの)    大さじ1 

生クリーム           200cc
砂糖               大さじ3
リキュール           大さじ1
(好みのものシロップと香りをそろえたほうがよい)

果物       適宜

作り方

  1. 薄力粉はふるっておく。
    きれいなボールに卵を入れて、泡だて器で攪拌する。
    すこしふんわりしてきたところで砂糖を加え、電動の泡だて器で約4分あわ立てる。
    泡だて器を持ち上げた時、種が落ちたあとがなかなか消えなくなる。
  2. 薄力粉を広げるように加え、へらで下からすくい上げるように混ぜる。
    上手くいく自信のない人は、手動の泡だて器で、ぐるぐると20回かき混ぜる。
  3. 溶かしバター(温かいうちに)と牛乳をへらで受けながら広げる。
    さっくりと混ぜる。ここは油分が入るので乱暴にすると泡が消えます。
  4. ケーキ型にクッキングペーパーを敷いて用意しておき、種を流し込む。
  5. 底を2~3回とんとんとたたいて大きな泡は消しておく。
    180度に余熱をかけておいたオーブンで焼く25分焼く。
    竹串をさしてみて何もついてこなかったら焼き上がり。
    型からはずして紙もはずし逆さまにして網の上で冷ましておく。
    人肌くらいになったら、ビニールやラップで乾燥しないように覆っておく。
  6. シロップを作る。混ぜるだけでOK。
    スポンジを2~3枚に切ってシロップをたっぷり塗っておく。
  7. 生クリームは7分立てにして、間にはさみ、好みの果物のスライスも一緒にはさんでそれを繰り返す。
  8. 周りは、生クリームでスパチュラのあとを残しながらランダムに塗る。
    スパチュラがなければナイフで充分です。

この写真は、うちでとれたラズベリーを飾っています。
中は、フルーツの缶詰めやバナナなどです。

レシピブログ

かぼちゃのプリン

プリンといっても、ぷるぷるしていません。
しっかりかぼちゃの味がします。
カラメルソースをたっぷりからめて食べてね。
作ったら半日冷蔵庫で寝かせるとしっかりします。

材料

カラメルソース

砂糖              80グラム
水              約50cc

プリン

かぼちゃ          正味200グラム
卵               3個
砂糖             約60グラム
シナモン           小さじ1/2
生クリーム        200cc(半分牛乳でも良い)

作り方

  1. カラメルソースを作る。
    鍋に、砂糖を入れて大さじ1の水で湿らせ火にかける。
    全体が溶けて泡状になってきて、まわりが濃い茶色になるまで、かき混ぜたりしないこと。
    カラメルのいい香りがして、全体が茶色になったら、一気に水を加える。
    一瞬固まるが、そのまま火にかけていると、ふたたび溶ける。
  2. 一滴水に落としてみて、下に沈んだ時に固まっているくらいの堅さが良い。
  3. 器にバターをしっかり塗って、カラメルを流す。
  4. かぼちゃは、レンジで、5分加熱し、緑の皮をしっかりとって、よく潰す。砂糖、卵など、他の材料を加えて、よく混ぜて、一度、ザルで漉す。
  5. カラメルが固まったところに、4を流しいれる。
  6. 蒸気の立った蒸し器に入れて、上に膜が張るまで強火。
    後は中火以下で約20分。
    真中を触ってみて、しっかりするまで蒸す。
    粗熱が取れたら、冷蔵庫で1晩落ち着かせる。
  7. または、160度のオーブンで、湯せんにして20分。
    真中を押してしっかりするまで、蒸し焼きにしても良い。
    1晩冷蔵庫で落ち着かせたほうがいいのは、同じ。
レシピブログ
最新コメント





公認@BEAUTIST


QRコード
QRコード
ギャラリー
  • Kanako′s kitchen自宅教室
  • Kanako′s kitchen自宅教室
  • 4月のお楽しみ
  • 4月のお楽しみ
  • 4月のお楽しみ
  • 4月のお楽しみ
  • ライブドアブログ